最新情報

交通事故後の頭痛について

頭痛は、むち打ち損傷において頸部痛に次いで2番目に多く認められる症状です。

急性期では97%(※)、慢性期では78%で症状が存在するとの報告があります。

原因としては、

1)頚椎性
2)後頭神経性
3)緊張型
4)血管性

とがありますが、

1)の頚椎性は、事故の衝撃がきっかけでストレートネックになったり、頚椎周囲の神経に圧迫がかかり出現します。

2)は、大後頭神経が、下頭斜筋・頭半棘筋の間を通るために絞扼が起こりやすい。それから後頭部へと頭痛が放散される。

3)の緊張型は、事故の精神的な緊張で、前頭筋・側頭筋などが持続的に収縮し、循環不全を起こし...

詳細
詳細

交通事故によるむち打ち損傷での

頸部痛 (首の痛み)

【症状の出てくるタイミング】
文献でのデータと実際は…


頸部痛は、むち打ち症で最も多い症状です。

GreenfieldらとDeansら(※)は、むち打ち損傷後、救急外来で60%以上の患者が頸部痛を訴え、その後も6時間以内に65%、24時間以内に93%、72時間以内に100%の患者に出現すると述べている。

当院では、初検の患者さんへのヒアリングでは、大半が6時間-24時間の間に症状が出始めています。

つまり、事故直後は、「気が張っている」または、「気が動転している」ために、症状に気づきにくい可能性があります。

これは、一...

詳細
詳細

交通事故によるむち打ち損傷では、

どれくらい安静にしていたらよいのか。

それともある程度動いていたほうがよいのか。

患者さんに質問される内容の一つです。


交通事故に限らず、滑って転倒してのむち打ち症に関してもそうですが、

受傷初期は、安静が大切です。
では、どれくらいの安静でしょうか?

頚椎カラーをつけてしっかり安静?
いえいえ、違います。

頚椎カラーは、
1)痛すぎて、首をキープできない。
2)頚椎周囲の靭帯を損傷している。
3)手足に強い神経症状が出ている。

以外は、つけないほうがよい。

つまり、上記以外の症状がなければ極力つけないほうが治りは良いとされています。...

詳細
詳細

ストレートネックと交通事故の関連

ストレートネックは、交通事故のむち打ちの際にレントゲン検査をして診断が出されることの多い病態です。

どういう病態かというと、

首の骨(頚椎)は通常7つあり、
前方にカーブをしています。

よく背骨のS字状のカーブという表現をしますが、頚椎部分は前方に緩やかにカーブしています。

そのカーブが少なくなりあたかも
真っ直ぐ、ストレートに見えることから
ストレートネックといいます。

真っ直ぐだといいのではないかと
感じる方もいらっしゃますが、

それは、後ろから見た場合は、
真っ直ぐがいいのですが、

横から見えるS字状のカーブがなくなると
身体として...

詳細
詳細

むち打ち症
バレー・リュー症候群タイプは、
自律神経アプローチが有効

交通事故によるむち打ち損傷の治療には、いくつかの病型分類に応じて、その方針が決まっています。


むち打ち症は、事故の衝撃と単純に比例して症状が強くなるわけではありません。

低中速度の追突事故では、首のしなりは、正常範囲内の動きなので、負担のかかり方は少ないはずですが、頸部や背部に特有のむち打ち症状で苦しむ方がいらっしゃいます。

バレー・リュー症候群に分類される、
いわゆる、そんなに衝撃は強くなかったのに、やたら首や肩が辛いこのタイプは、

自律神経が深くかかわっています。

こういうタイプの症状に対するアプロー...

詳細
詳細

交通事故による治療において、
初診から12週間までの治療ガイドラインが報告されております。

【ケベックガイドライン】と呼ばれています。

その中には、通常活動への復帰が推奨されております。

できる限り早期に日常生活活動を再開するようにアドバイスすべきである。患者には、通常活動は、一時的には痛みを伴うかもしれないが、WAD(Whiplash-associated disorder)むち打ち損傷関連障害では、有害でないとされています。

つまり、むち打ち損傷でも、
初期の炎症症状が著明な間は安静が大切ですが、ある程度症状が落ち着いてきたら、むしろ適度に動いたほうが良いとされています。

...

詳細
詳細

交通事故によるむち打ち損傷の
予後(その後の経過)について


むち打ち損傷の治療を受けていた方への追跡調査をしたデータがあります(※)。

それによりますと、

むち打ち損傷は、回復までの平均期間は32日で、全体の12%が6か月以降も回復しておらず、高齢の女性、あるいは触診で痛みを伴う頸部痛、筋肉痛、上肢痛やしびれをともなうもの、頭痛をともなう患者は回復に長期を要しているとのことです。

587例の経時的調査では、

頸部痛は6週間で8.2%、6か月で4.4%、1年で3.4%残存していたそうです。


やはり、交通事故のむち打ち症は、ほかの「ケガ」とは、別物です。


万が一の際は、お...

詳細

サッカーでのケガ予防に有効なアイテムがあります。

フォームローラーです。

JFAも推奨しています。
U-23日本代表も活用していました。

これは、本当に手軽にできて効果が高いアイテムです。

普通のものと、電動がありますが、

電動がおすすめです。

活用方法はYouTubeなどでたくさん紹介されていますので参考にしてみてください。

プラスαサッカー選手向けに良いポイントがあり、これは、いずれ当院でもYouTubeにアップして紹介する予定です。


クチコミ

3 年前
ぎっくり腰をやってから、車の運転中に腰に痛みが出て困っていたが、こちらで骨盤矯正や先生の治療をしてからはとても楽になりました。 運転時の姿勢や座席の調整など細かく教えていただき感謝です。 場所も買い物のついでなどに立ち寄りやすく、通いやすいです。
- Y O
4 年前
肩の痛み、首回りの倦怠感があり、ピアシティ整骨院で治療してもらいました。 治療後は、痛みも倦怠感もとれ、とてもスッキリした気分です! 先生の問診や説明がとても丁寧で、安心して治療を受けられました。 また、整骨院とは思えないほど院内が清潔でキレイ、キッズルームまであってビックリしました。 受付スタッフの方も、とても親切で好感が持てました。 また、通院したいと思います。
石原太郎
3 年前
親切、丁寧、確実に良くなる。
齊藤安兵衛

しっかりお身体と向き合い施術します

早く症状が改善するように、しっかりと身体の情報をひとつひとつ確認をしながら原因を探ります。痛みの出ているところが悪いところとは限りません。ちゃんと身体と向き合って的確な施術ができるように努めております。お一人お一人個室でお話をお伺いしますので、気になる症状はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 029-886-4607

住所

ルートを検索
日本
〒300-1152 茨城県
稲敷郡阿見町大字荒川本郷1339−84

営業時間

月:9時30分~12時30分, 15時00分~20時00分
火:15時00分~20時00分
水:9時30分~12時30分, 15時00分~20時00分
木:15時00分~20時00分
金:9時30分~12時30分, 15時00分~20時00分
土:9時30分~13時00分
日:定休日
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。