最新情報

環軸関節回旋位固定
(かんじくかんせつかいせんいこてい)

寝違いと間違えられやすい症状で、上記の症状があります。

頸椎の1番の骨が2番の骨に対してズレてしまうことでこのような体勢になってしまいます。

こちらの症例は、1番目の骨が左にズレ落ち、左にも回旋が加わっています。
症状としては、首の動きがとても制限されます。普通にしていても強く首をかしげて、片方の肩がものすごく下がった姿勢になります。そして、当然、痛いです。

一般的には、頸椎カラーを着けて、
早くて3日、長くて数週間で改善すると言われています。数週間で戻らなければ、入院して牽引を施行するそうです。

でも、そこまでやらなく...

詳細

交通事故の後遺症で自律神経失調症を患っている方へ

当院では、頭部及び腹部の施術により症状が軽減もしくは消失している症例があります。

なかなか改善しなくてお困りの際は、ご相談ください。

医科にて、しっかりと検査を受けてもらうことが前提です。器質的な異常があればまずは、そちらの治療が優先となります。内科的・脳神経外科的に異常が見られないのに、辛い場合は、当院のアプローチを受けてみることをおすすめいたします。

交通事故のむち打ち症の場合、

バレー・リュー症候群
一次性(外傷性)とその後に心因性ストレスが主因となって発現する二次性(心因性)と専門的な名前がついています。

当院の施術は...

詳細

今後のスポーツシーズン再開に向けて復習

脳振とう
心停止
の現場での応急救護

救命・応急救護を要する場面に頻繁に遭遇することはないのですが、だからこそ、落ち着いて対応できるように、定期的に復習しております。

トレーナーバックには、「スポーツ救命講習会テキスト」を忍ばせており、トレーナー活動中の隙間時間にはパラパラ確認できるようにしてあります。

早くコロナが落ち着いてくれるといいな!
スポーツ選手は、再開が待ち遠しいですねー!

画像引用:日本神経外科学会監修 PocketSCAT2

交通事故後の腕のしびれ

交通事故によるむち打ち損傷をきっかけとして腕のしびれや鈍痛、放散痛を発症する方がいます。

専門書では、「外傷性胸郭出口症候群(外傷性TOS)」として紹介されていますが、

胸郭出口以外でも腕の神経を圧迫する部位としては、QLSといわれる、肩の後ろにある絞扼ポイントがあります。

事故の衝撃の際、ハンドルを強く握っていたまま、衝撃を受けて絞扼されるなどして

腕のしびれが出てきます。

腕のしびれは全て首からとは限りません。

ポイントを探してそこをアプローチする必要があります。ポイントは、「チネル徴候」で判断していきます。

お困りの方は、ご相談ください。

詳細

腰椎分離症の競技復帰ロードマップ

体幹の強化、柔軟性の獲得、動作改善などがありますが、

ボールを蹴る際のクロスモーションと呼ばれる、蹴り足に合わせて逆側の上肢の動きが上手に連動しているかも指標の一つと言えます。

クロスモーションがうまくできていないと、股関節周囲痛のグロインペインだけでなく、分離症を助長する力学的負荷が腰椎にかかります。

現在、腰椎分離症の未分離例は、骨癒合を目指すために数カ月、スポーツの完全安静を推奨されますが、そんな安静中でも、患部に負担かからないよう、そのスポーツで活用する筋肉が必要以上に低下しないよう、各スポーツに合わせた運動療法を策定中です。
早期に運動...

詳細

交通事故後の腕のしびれについて

交通事故によるむち打ち症では、その症状は多岐にわたりますが、そのうちの一つに、腕のしびれがあります。

その中でも原因は多数ありますが、現在施術中の方は、「外傷性胸郭出口症候群」(外傷性TOS)を発症されました。

後方からの追突事故で、相手方のボンネットがくの字に曲がるほどの衝撃だったそうなので、相当な衝撃だと思います。

そんな衝撃を受けると、頸椎が過度に伸展・屈曲を強制され、胸郭出口といわれる首の根元の神経の束が通っている部分が圧迫されるようになります。

実際、この方は、頚部の回旋や伸展動作で首から肩にかけての放散痛があり、Tinel徴候も陽性で...

詳細

予約が取りにくくなっております!
三密を避けるために、予約枠を調整しております。

・ご予定がわかる方は、早めにご予約をお取りいただくことをおすすめいたします。
・都合が悪くなり、変更の際は早目のご連絡をお願い致します。
・急患の方は、なるべく対応させていただきます。電話にてご連絡ください。
029-886-4607

その他の注意点は、下の詳細ボタンを押してください。
※国の緊急事態宣言が解除されるまでの措置となりますので、ご理解の程宜しくお願い致します。。

詳細

GW中の課題

運動器エコーのテキストのすべての部位の描出をしました。

子どもの神経は、同定しにくかったです。

しゃがんだ時に膝裏の外側が痛くなる、総腓骨神経の同定に苦労しました。大人のそれとは全然見え方が違いますね。

コロナ自粛で、外出はできませんでしたが、お陰で、この短期間に施術の判断力・技術力向上には努められました。

本日も骨折の患者さんのギプスの調整をしました。腫れが引いてきたので間にクッション材を増やしました。

今回の新型コロナウイルス感染に係る休業要請では、整骨院は生活に必要な施設とのことで対象外の施設となりました。

やはり、骨折・脱臼・ねんざ・肉ばなれなどケガの際の対応でそう判断されたのだと思います。

だからこその、責任もあると思います。

三密の環境下へ行くことは避け
不要不急の外出は避け
体調管理を気を付け

業務外やこれから迎えるゴールデンウィーク期間も責任ある行動をとるように心がけます。

昨日は、そのような話し合いをスタッフ同士でもちました。

当院の新型コロナウイルス対応は詳...

詳細
詳細

クチコミ

2 年前
ぎっくり腰をやってから、車の運転中に腰に痛みが出て困っていたが、こちらで骨盤矯正や先生の治療をしてからはとても楽になりました。 運転時の姿勢や座席の調整など細かく教えていただき感謝です。 場所も買い物のついでなどに立ち寄りやすく、通いやすいです。
- Y O
4 年前
肩の痛み、首回りの倦怠感があり、ピアシティ整骨院で治療してもらいました。 治療後は、痛みも倦怠感もとれ、とてもスッキリした気分です! 先生の問診や説明がとても丁寧で、安心して治療を受けられました。 また、整骨院とは思えないほど院内が清潔でキレイ、キッズルームまであってビックリしました。 受付スタッフの方も、とても親切で好感が持てました。 また、通院したいと思います。
石原太郎
2 年前
親切、丁寧、確実に良くなる。
齊藤やっさん

しっかりお身体と向き合い施術します

早く症状が改善するように、しっかりと身体の情報をひとつひとつ確認をしながら原因を探ります。痛みの出ているところが悪いところとは限りません。ちゃんと身体と向き合って的確な施術ができるように努めております。お一人お一人個室でお話をお伺いしますので、気になる症状はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 029-886-4607

住所

ルートを検索
日本
〒300-1152 茨城県
稲敷郡阿見町大字荒川本郷1339−84

営業時間

月:9時30分~12時30分, 15時00分~20時00分
火:9時30分~12時30分, 15時00分~20時00分
水:9時30分~12時30分, 15時00分~20時00分
木:15時00分~20時00分
金:9時30分~12時30分, 15時00分~20時00分
土:9時30分~13時00分
日:定休日
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。